排水管の水漏れが起きた場合の自分でできる対処法

排水管の水漏れが起きた場合の自分でできる対処法 排水管で水漏れが起きている場合、水道の使用を控える、修理業者を速やかに呼ぶことが基本です。しかし排水管 水漏れの原因やパターンは多種多様です。例えば部品がただ緩んでいるだけなら、締め直すような素人でもできる簡単な作業で改善する場合もありますし、劣化した部品を交換すると解決するケースも見受けられます。また排水管の場合、つまりが原因のケースも多く原因の異物を取り除けば漏水が止まる場合も多いです。一方で素人にはどうすることもできないトラブルも発生します。そこで漏れに気づいたのであれば、まず何が原因か特定して、自分で対処できそうか考えましょう。

■トラップのところが原因

排水の構造を見てみると、少し大きめのバケツ上のものが取り付けられています。これを排水トラップといいます。トラップもしくはその周辺で漏れが起きている場合、まずはトラップのところにあるナットを締め直して様子を見ることです。長年使い続けていると徐々に緩んで隙間が生じ、そこから漏れ出してしまうケースも散見されます。手ではなく、レンチなどの専用工具を利用するとしっかりと締めることができます。また、シンクとの接続部分などが原因の場合もあります。トラップを取り外すとシンクとのつなぎ目にパッキンが取り付けられています。パッキンが劣化している場合は新しいものと交換すれば、問題解決できる可能性があります。パッキンのサイズは3種類程度ありますから、今使っているものと同じサイズを確認し購入することが大切です。直径の長さを測ったり、取り外したパッキンを持って行ったりして、同じものを購入しましょう。

■排水パイプとの接続不良
トラップからパイプが伸びて、排水管につながっていきます。このつなぎ目が原因で水漏れが起きていることも疑われます。この場合もナットの緩みがその要因として考えられます。ナットの締め直しだけでも症状が治まる場合があります。もし締め直しても症状が改善しない場合、パッキンの劣化を疑ってみましょう。パイプそのものに問題のあるケースもあります。長年使っていて破損している、排水管から何らかの原因で外れているといったことも推測できます。外れている場合には入れ直せば解決できます。ホースそのものが劣化している場合、新しいものと交換しましょう。

■自分で修理する場合には慎重に

排水管の水漏れを自分で修理したければ、まず原因箇所を確認することです。特にシンク下のパーツを各所確認したけれども漏れが起きていない場合、そのほかのところで何かしらの問題が起きていると推測できます。このケースでは、素人ではさすがに修理を行うのは不可能です。排水管の水漏れの中には、床に水が垂れているような事例としみだしてくるような症状があります。この2つのパターンの中でも後者の場合、自分でどうにかするのではなく早めに修理業者を呼んだ方が安心です。放置していると、階下やそのほかの部屋に影響の出てくる恐れもあるからです。

■まとめ
ここまで見てきたように、ナットの緩みやパッキンの劣化などが原因の場合、自分で直せる場合もあります。排水トラップにホース、下水管とつながって汚水は排出されるのですが、それぞれの接続部分では漏水が発生しやすいです。この部分を重点的に目視で確認しましょう。ただしトラブルの発生要因が特定できない場合には、修理業者を呼んで専門家に見てもらうことが大切です。また素人が間違ったやり方で修理すると、余計に問題を複雑化する恐れも出てきます。複数の要因が絡まって症状の起きている事例も見受けられます。修理してみても改善しない場合や修理が難しいと判断できる際には、無理をせず専門業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース